入居者との交流

シェアハウスは家賃が比較的安く済むことでそれを目的に入居される人もいるでしょう。しかしソーシャルアパートメントの家賃は大体普通にワンルームを借りる程度、場合によってはそれ以上の金額がかかります。それでもソーシャルアパートメントに住む人たちは経済的に余裕があり、人との交流を目的とした人々が多いと言えます。

集まる人々の職業は多種多様で一人暮らしではなかなか出会うことができない人たちがいます。よって人との交流を多く持ちたい人にはうってつけの居住スタイルです。

ソーシャルアパートメントは人との交流の場となる共有の設備がシェアハウスに比べとても豪華です。ラウンジはもちろん防音設備のしっかりしたスタジオ、ビリヤード台のあるところもあります。

こういった設備が充実していることで同じ趣味の人がその部屋に集まりやすくなり、様々な人との交流ができます。そしてソーシャルアパートメント内でフットサル部やランニング部など一緒に活動をする部活のようなものが出来上がることがあります。

また多くの人が共同生活を送っているため、10人にSNSで呼びかけると比較的人が集まりやすいのでイベントの開催や誰かとの外食が気軽にできます。